スポンサードリンク

女性薄毛 薄毛シャンプー 薄毛食事

2009年09月07日

女性薄毛の原因

女性に多い薄毛の原因は、頭皮の疾患による抜け毛や薄毛がほとんどだといわれています。
「フケ」による悪玉菌の繁殖やヘアケア商品による頭皮のトラブル、出産後及び更年期障害等によるホルモンバランスの変化などが大きな原因となっています。

女性の薄毛と関係する女性の脱毛症の種類と原因は、大別すると以下になります。

■瀰漫性(びまんせい)
 脱毛症女性の薄毛の悩みでもっとも多いタイプです。
 中年以降の女性によく見られ、原因は、老化、ストレス、極端なダイエット、
 誤ったヘアケアがあげられます。

■分娩後脱毛症
 出産後にみられる脱毛の症状です。
 妊娠中、お腹の子供に栄養を取られ、妊娠後期には、女性ホルモンによって成長期を
 維持してきた頭髪が、出産後一気に休止期に入ってしまうために、
 産後の薄毛に悩む女性が多くみられます。

■牽引性(けんいんせい)脱毛症
 ポニーテールなど長時間頭髪を強く引っ張られる状態が続いたときに発症する
 脱毛症のことで、ヘアスタイルの関係上、女性に多い脱毛症です。

■批糠性(ひこうせい)脱毛症
 フケが毛穴を塞ぐことで炎症を起こし、毛髪が正常な成長をすることができなくなります。
 過度の洗髪や、洗浄力の強いシャンプーによる皮脂の取り過ぎが原因になっています。

■脂漏性(しろうせい)脱毛症
 頭皮に過剰に皮脂が分泌されることによって引き起こされる脱毛症です。
 頭皮の汚れだけでなく、ストレスや生活習慣によって起きることもあります。


最近では、多くのメーカーが「女性用の育毛剤や発毛剤」が発売しています。
このような市販の育毛剤や発毛剤などを使ってみるのも悩み解決の一つかもしれません。
しかし、女性の薄毛も男性と同様に、薄毛になる原因はさまざまですので、
医療機関での治療・処方を受けることが、より安全にかつ効果が期待できる方法です。

また、女性の薄毛対策を考える上で、生活習慣を見直すことは大変重要です。
健康な体を保ち、毛髪を痛めないことは、薄毛予防にもっとも大切なことです。

普段の生活では、以下の点に気をつけましょう。
○偏食
○常に空調のある部屋にいる。
○病気による内臓疾患や機能低下。
○過労とストレス
○シャンプー(石油合成製品)
○多量の紫外線
○睡眠不足

どれも基本的なことですので、できることから今すぐ見直しを始めましょう。
posted by tomio at 13:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 女性薄毛の原因

女性の抜け毛改善

薄毛や抜け毛などといった悩みは、まだ男性特有のものと思われていることが多いのですが、女性にも抜け毛の悩みを持つ人は急増しています。

抜け毛で悩む人にまず注意して欲しいことは、今気になっている抜け毛が、本当に「心配すべき抜け毛」なのかどうかを確かめるということです。

1日に、50〜100本程度の抜け毛は正常な範囲で、この程度の本数は
特に心配はいりません。

抜け毛の要因は、ホルモン、睡眠、食事、タバコ、ストレスといったものが考えられます。

■ホルモン
 女性ホルモンのバランスが崩れると、ヘアサイクルも崩れますので、
 これによって抜け毛が起こることがあります。
 出産後に抜け毛が増えるもの、ホルモンの崩れによるものという説が有力です。

■睡眠
 髪の毛は、夜中に成長するといわれています。
 夜、睡眠中に十分な血液が流れることによって、毛髪は成長します。
 不規則な睡眠時間、夜更かしなどは、抜け毛が増える原因となります。

■食事
 偏食だったり、無理なダイエットなどバランスを崩す食事は、抜け毛の原因になります。
 また、ダイエットでの急速な減量などは、抜け毛の進行を早めてしまいます。

■タバコ
 タバコは、体だけでなく髪の毛にとっても良くないといわれています。
 ニコチンには末梢の血管を収縮させる作用があり、
 毛根周囲の血流を低下させてしまうからです。

■ストレス
 普段から強い精神的なストレスなどを感じている人は、ストレスによって自律神経などに
 負担がかかり、体内の血流の流れが悪くなってしまうことがあります。
 それが頭皮の状態を悪くし、髪の毛の元気を奪って抜け毛につながるというわけです。

こういったホルモン、食事、タバコ、ストレスなどの原因が複雑に絡み合い、
抜け毛はより早く進行するものと思われます。

抜け毛予防には、毎日の総合的なホームケアが大切と言われています。

食事などの食べ物のバランスやシャンプー、マッサージなどに気を遣うことで、頭皮の状態には確実に差が出てきます。

食事については、前頭部の脱毛については砂糖や果物を控えることでその予防が出来るといわれています。

また、良質のたんぱく質を摂取すると良いといわれていますので、大豆製品や青魚でこれらを摂り、さらに、たんぱく質をアミノ酸に変えるビタミン(B、C、E)などをバランスよくとることが大切です。

ゴマや海苔、ごぼう、かぼちゃなどの土物野菜なども抜け毛予防には良いとされています。

抜け毛対策としては、まず頭皮を常に清潔にしておくことが、基本です。

シャンプーを選ぶ場合は、アミノ酸のもの、石鹸シャンプーなどが良いとされています。

育毛剤を使用する場合は、効果・効能に抜け毛と表示されているいるものを選んでください。

抜け毛の要因となる、生活習慣を改善し、予防・対策をキチンと行えば、抜け毛は改善できますので、ぜひ実践してみましょう。
posted by tomio at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性の抜け毛改善

女性の育毛を考える

女性の薄毛の原因は、ホルモンバランスの異常とストレスからくるものが、

多いと言われています。

充分なケアをせずに育毛剤さえ付ければ抜け毛や薄毛が改善できると思ってはいけません。

大事な事は、生活環境と食生活の見直し、そしてシャンプーです。

せっかく育毛剤を使用しても、根本的な事が改善されてなければ効果も少なくなります。

育毛剤の効果を最大限発揮させるためには、石油系界面活性剤を使用してないシャンプーを

使うようにして下さい。

育毛剤について、正しい認識をもつ必要があります。

育毛剤を使用したからといって髪が確実に生えてくるとは限らないのです。

生活習慣と食生活を見直して、正しく育毛剤を使用すれば、

多少なりとも効果があると思います。

少なくとも髪が太くなるなどの効果は実感できるのと思います。

この一連の組み合わせが重要です。

口コミで人気のある育毛剤のなかから、代表的な育毛剤を紹介いたします。

■発毛育毛ミストM─1
 無添加で、防腐剤や化学薬品等の阻害因子が入っていません。
 天然成分から出来ているので安全性が高いことが好評価の理由の一つです。

■CACメンブレン ヘアーパック
 毛根の栄養素として評価の高い保湿成分の多糖類とアミノ酸をたっぷり含んだ製品です。
 即効性があるといわれ、髪が綺麗になる効果を早い段階で体感できます。

■薬用育毛剤リリィジュ
 桐葉エキス、桑白皮エキスを配合した、女性のための薬用育毛剤です。
 リリィジュは500円のトライアルセットがあるので手軽に試す事が出来ます。

■柑気楼
 植物由来の有効成分を配合し、頭皮に潤いを与えます。
 愛好者が多く、青みかんの臭いが、とてもさわやかです。
posted by tomio at 12:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 女性の育毛を考える

女性の薄毛防止シャンプー

抜け毛、薄毛でお悩みの女性の抜け毛対策として、シャンプーは、有効な手段の一つです。

シャンプーは基本的に毎日使うものですので、刺激の強いシャンプーを使用することは、やめましょう。

特に薄毛で悩んでいる方は頭皮に何らかの問題がある事がほとんどですから、低刺激のアミノ酸系シャンプーで、きちんと洗髪し、十分にすすぐことで頭皮を清潔に保つことが重要になってきます。

【髪と地肌を保つためのシャンプーの仕方】

1.ブラシで髪をとかす
  シャンプーの際に指に引っかかることもなくなりますし、頭皮の汚れも
  浮きやすくなるので汚れが落ちやすくなります。

2.洗髪前のマッサージ
  髪を洗う前に頭皮マッサージをすることで、頭皮の血行がよくなります。

3.髪を十分濡らす
  地肌まできちんと濡れるように、指を使ってしっかりとお湯を通します。

4.シャンプーする
  泡立てたシャンプーを後頭部から全体につけ、指の腹でマッサージ
  するように洗っていきます。

5.洗い流す
  十分すぎると思うほど丁寧にすすぐことを心がけてください。

6.二度洗い
  汚れがひどい場合や髪の量が多い場合は二度洗いをしましょう。

7.リンス・コンディショナー・トリートメント
  必要に応じて、使用します。頭皮につかないよう注意しましょう。

【頭皮にあったシャンプーを選ぶ】

シャンプーは、その主成分から3種類に分けることが出来ます。

そのなかから自分に合ったシャンプーを選ぶことが重要です。

1.高級アルコール系シャンプー
  一般的なシャンプーで、泡立ちが良く洗浄力が優れていて、
  値段は安目です。ただし、頭皮への刺激が強いため、
  頭皮が傷んでいる方や薄毛に悩んでいる方には向きません。

2.アミノ酸系シャンプー
  人間の体と同じ弱酸性のため刺激が弱く、頭皮に優しいのが特徴です。
  値段は高目で、泡立ちは弱く、洗浄力も低めですが、
  頭皮が傷んでいる方に適しています。

3.石けん系シャンプー
  洗浄力が高く、髪が汚れている場合や、油症な頭皮の方に適しています。
  アルカリ性のため、洗い上がりがゴワゴワする感じがするので、
  アミノ酸系のリンスを使用して、髪を弱酸性に戻す必要があります。


女性薄毛のための食事

女性の薄毛を改善する方法として大切なことは生活習慣病を予防することから始まります。

生活習慣のなかでも、正しい食事は生活の基本を支えています。

薄毛を予防する食事とは、どのようなものでしょうか?

髪の毛によい食べ物は、体にも良いものが多く、基本的に偏食ではいけません。

髪の毛には、つめと同じようにケラチンという成分があり、ケラチンの主成分となるアミノ酸は、L−システインである。

育毛には、このアミノ酸を含む食品をとることも大事となってきます。

おすすめな食べ物は、大豆や凍り豆腐、鶏肉などとなります。牛乳や脱脂粉乳などの乳製品、肉や魚にもはいっていますので、体質にあったものを食べるようにしましょう。

アミノ酸シャンプーとよばれるものには、ケラチンを強化するアミノ酸成分が含まれています。

また、薄毛には、血行が大きくかかわっているため、血行よくする食べ物を食べるということも重要になってきます。

トマトやにんじん、しいたけ、セロリ、ほうれん草などが良いとされています。

また、髪の毛を作る段階では、酵素が重要な役割を果たすため、酵素を働かせるミネラルも摂取することが必要です。

ミネラルは、海藻に多く含まれ、補助酵素として、各種ビタミン(野菜、果物、魚)も必要となってきます。

こうなると、髪の毛だけではなく、体全体のことを考えて、バランスの良い食事をすることに尽きると思います。

そして、ストレスをさけ、タバコをへらして、お酒も飲みすぎないことが、薄毛対策となってゆくようです。

女性の薄毛髪型対策

髪の毛は年齢とともに薄くなっていきます。女性の場合は、全体的に髪の数が少なくなっていくケースが多いようです。

髪型を変えたり、カツラを考えたり、いろいろ努力をされている方も多いと思います。

女性は、男性と違い髪形に自由感があります。長い髪を生かして薄毛を髪型で隠すことができたり、ウイッグをお洒落感覚で使用することが出来ます。

女性の場合は頭頂部の分け目などの薄毛が気になることが多いと思いますので、そういった場合は、分け目を変えることでも、ある程度カバーできます。

薄毛の女性へのおすすめの髪型は、ショートカットが良いとされています。

セミロングやロングは毛を結んだときに、毛が引っ張られて、薄毛がひどくなりますので、ショートカットやボブスタイルが薄毛の髪の毛に負担が少ない髪型です。

最近では、手軽さから、「ウィッグ」や、「増毛スプレー」などが多く売られています。

髪の薄い部分にウィッグをつけただけで、髪のフサフサ感が出て、見た目も変わってきます。

なにより、若さと元気さを取り戻した感があり、笑顔も生まれてきそうです。

根本的な解決とはならないものの、簡単にできるため、気分を変え、ストレスを軽減するには良い方法だと思います。

ウィッグも最近では、手頃な価格で購入することができますし、デザインやカラーもお洒落なものが多いので、楽しみながら、つけることができます。

また、嫌な思いから開放され、人目も気にする必要がなくなりますので、外出する機会もふえてくると思います。


posted by tomio at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性の薄毛髪型対策