スポンサードリンク

女性薄毛 薄毛シャンプー 薄毛食事

2010年05月05日

育毛剤 女性

育毛剤は、一定期間続けて使ってからでなければ、その効果は確認できません。
育毛剤を使うと決めたら、短期間で使用をやめたり、あきらめたりせず、腰を据えて
使い続けることが重要です。

従って、商品を選ぶ場合は、自分に合ったものを選びたいものですが、商品の種類も
たくさんあり、なかなか難しいものです。

女性育毛剤を使用するにあたり、説明書を読むことは当然必要なことですが、一般的に
言われている正しい使い方を知っておくのも悪くないと思います。

【ワンポイントアドバイス】

●女性育毛剤の使い方で、チョット気をつけたいのは、髪が乾いている状態で行うという
 ことです。浴室で育毛剤を使ったり、風呂上がりの湿り気の残る頭皮だと効果が落ちて
 浸透が悪くなってしまうのです。ただし、育毛剤によって、異なることがあります。

●効果的な使用時間帯というと、起床後と就寝前の2回の使用が一般的です。
 特に寝る前の育毛剤は髪の成長を促してくれます。就寝中に地肌に血が巡りやすくなり、
 髪を作りやすい環境になるので、髪の成長に効果的なのです。


女性に効果のある人気の育毛剤をいくつか紹介しますので、参考にしてみてください。

■薬用育毛剤 華乃雫
採取期間がとても短いシラカバ樹液を贅沢に配合した、女性用育毛剤です。

使用方法
 1.朝晩(洗髪後)の1日2回を目安に、清潔な頭皮にご使用ください。
   髪が濡れている場合は、しっかり加味や頭皮を乾かしてからご使用ください。
   1回の使用量は、10〜15滴を目安にして適量を頭皮に直接塗布してください。
   (容器の先を直接頭皮につけないようにしましょう。)

 2.塗布後は、爪などで頭皮をキズつけないよう、指の腹でマッサージしてください。

■育毛剤 黄金宮
かんきつエキスが頭皮に潤いを与え、保湿することによって、有効成分の浸透を促す
頭皮の改善から始める育毛メカニズムが特徴の育毛剤です。

使用方法
 朝・夜2回使用してください。使用の際は5、6回、頭皮に直接スプレーしながら、
 手指の腹でよくすり込んでください。1本で約2ヶ月間使えます。

■セグレタ 地肌エステ
女性の髪の成長サイクルの乱れに着目した育毛剤です。有効成分t-フラバノンが毛根に
直接作用し、髪の成長サイクルを改善して、根元から太く長く育て、コシのある抜けにくい
髪へ導きます。生薬センブリエキスが地肌の血行を促進し、抜け毛を予防します。

使用方法
 髪を分け取りながら、地肌エステを直接塗布します。指先を小刻みに動かし、指の腹で
 なじませます。洗髪後やスタイリングの前など、1日2回程度お使いください。

■薬用エレンス2001 プラススキャルプエッセンス
髪の成長を助け、育毛促進脱け毛予防に効果的な育毛剤です。24種類の和漢植物エキスが
頭皮の血行を良くし、健全なヘアサイクルをサポートします。また、茶カテキンが配合されて
おり、髪と頭皮のニオイやおとろえを防ぎます。

使用方法
 洗髪後タオルドライした清潔な地肌に適量をつけ、指の腹でマッサージしてください。

■桜満快 薬用育毛剤
サクラ葉抽出液と4種類の有効成分、その他31種類の植物由来成分を配合した無香料の女性用
育毛剤です。

使用方法
 頭皮が乾いている状態で、髪をかきわけて頭皮にかかるように適量(3-10プッシュ)を
 スプレーしてください。洗髪後の場合、頭皮を充分乾かしてからご使用下さい。


posted by tomio at 11:33| 育毛剤 女性

2009年09月07日

女性薄毛の原因

女性に多い薄毛の原因は、頭皮の疾患による抜け毛や薄毛がほとんどだといわれています。
「フケ」による悪玉菌の繁殖やヘアケア商品による頭皮のトラブル、出産後及び更年期障害等によるホルモンバランスの変化などが大きな原因となっています。

女性の薄毛と関係する女性の脱毛症の種類と原因は、大別すると以下になります。

■瀰漫性(びまんせい)
 脱毛症女性の薄毛の悩みでもっとも多いタイプです。
 中年以降の女性によく見られ、原因は、老化、ストレス、極端なダイエット、
 誤ったヘアケアがあげられます。

■分娩後脱毛症
 出産後にみられる脱毛の症状です。
 妊娠中、お腹の子供に栄養を取られ、妊娠後期には、女性ホルモンによって成長期を
 維持してきた頭髪が、出産後一気に休止期に入ってしまうために、
 産後の薄毛に悩む女性が多くみられます。

■牽引性(けんいんせい)脱毛症
 ポニーテールなど長時間頭髪を強く引っ張られる状態が続いたときに発症する
 脱毛症のことで、ヘアスタイルの関係上、女性に多い脱毛症です。

■批糠性(ひこうせい)脱毛症
 フケが毛穴を塞ぐことで炎症を起こし、毛髪が正常な成長をすることができなくなります。
 過度の洗髪や、洗浄力の強いシャンプーによる皮脂の取り過ぎが原因になっています。

■脂漏性(しろうせい)脱毛症
 頭皮に過剰に皮脂が分泌されることによって引き起こされる脱毛症です。
 頭皮の汚れだけでなく、ストレスや生活習慣によって起きることもあります。


最近では、多くのメーカーが「女性用の育毛剤や発毛剤」が発売しています。
このような市販の育毛剤や発毛剤などを使ってみるのも悩み解決の一つかもしれません。
しかし、女性の薄毛も男性と同様に、薄毛になる原因はさまざまですので、
医療機関での治療・処方を受けることが、より安全にかつ効果が期待できる方法です。

また、女性の薄毛対策を考える上で、生活習慣を見直すことは大変重要です。
健康な体を保ち、毛髪を痛めないことは、薄毛予防にもっとも大切なことです。

普段の生活では、以下の点に気をつけましょう。
○偏食
○常に空調のある部屋にいる。
○病気による内臓疾患や機能低下。
○過労とストレス
○シャンプー(石油合成製品)
○多量の紫外線
○睡眠不足

どれも基本的なことですので、できることから今すぐ見直しを始めましょう。
posted by tomio at 13:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 女性薄毛の原因