スポンサードリンク

女性薄毛 薄毛シャンプー 薄毛食事

2009年09月07日

女性の薄毛防止シャンプー

抜け毛、薄毛でお悩みの女性の抜け毛対策として、シャンプーは、有効な手段の一つです。

シャンプーは基本的に毎日使うものですので、刺激の強いシャンプーを使用することは、やめましょう。

特に薄毛で悩んでいる方は頭皮に何らかの問題がある事がほとんどですから、低刺激のアミノ酸系シャンプーで、きちんと洗髪し、十分にすすぐことで頭皮を清潔に保つことが重要になってきます。

【髪と地肌を保つためのシャンプーの仕方】

1.ブラシで髪をとかす
  シャンプーの際に指に引っかかることもなくなりますし、頭皮の汚れも
  浮きやすくなるので汚れが落ちやすくなります。

2.洗髪前のマッサージ
  髪を洗う前に頭皮マッサージをすることで、頭皮の血行がよくなります。

3.髪を十分濡らす
  地肌まできちんと濡れるように、指を使ってしっかりとお湯を通します。

4.シャンプーする
  泡立てたシャンプーを後頭部から全体につけ、指の腹でマッサージ
  するように洗っていきます。

5.洗い流す
  十分すぎると思うほど丁寧にすすぐことを心がけてください。

6.二度洗い
  汚れがひどい場合や髪の量が多い場合は二度洗いをしましょう。

7.リンス・コンディショナー・トリートメント
  必要に応じて、使用します。頭皮につかないよう注意しましょう。

【頭皮にあったシャンプーを選ぶ】

シャンプーは、その主成分から3種類に分けることが出来ます。

そのなかから自分に合ったシャンプーを選ぶことが重要です。

1.高級アルコール系シャンプー
  一般的なシャンプーで、泡立ちが良く洗浄力が優れていて、
  値段は安目です。ただし、頭皮への刺激が強いため、
  頭皮が傷んでいる方や薄毛に悩んでいる方には向きません。

2.アミノ酸系シャンプー
  人間の体と同じ弱酸性のため刺激が弱く、頭皮に優しいのが特徴です。
  値段は高目で、泡立ちは弱く、洗浄力も低めですが、
  頭皮が傷んでいる方に適しています。

3.石けん系シャンプー
  洗浄力が高く、髪が汚れている場合や、油症な頭皮の方に適しています。
  アルカリ性のため、洗い上がりがゴワゴワする感じがするので、
  アミノ酸系のリンスを使用して、髪を弱酸性に戻す必要があります。


女性薄毛のための食事

女性の薄毛を改善する方法として大切なことは生活習慣病を予防することから始まります。

生活習慣のなかでも、正しい食事は生活の基本を支えています。

薄毛を予防する食事とは、どのようなものでしょうか?

髪の毛によい食べ物は、体にも良いものが多く、基本的に偏食ではいけません。

髪の毛には、つめと同じようにケラチンという成分があり、ケラチンの主成分となるアミノ酸は、L−システインである。

育毛には、このアミノ酸を含む食品をとることも大事となってきます。

おすすめな食べ物は、大豆や凍り豆腐、鶏肉などとなります。牛乳や脱脂粉乳などの乳製品、肉や魚にもはいっていますので、体質にあったものを食べるようにしましょう。

アミノ酸シャンプーとよばれるものには、ケラチンを強化するアミノ酸成分が含まれています。

また、薄毛には、血行が大きくかかわっているため、血行よくする食べ物を食べるということも重要になってきます。

トマトやにんじん、しいたけ、セロリ、ほうれん草などが良いとされています。

また、髪の毛を作る段階では、酵素が重要な役割を果たすため、酵素を働かせるミネラルも摂取することが必要です。

ミネラルは、海藻に多く含まれ、補助酵素として、各種ビタミン(野菜、果物、魚)も必要となってきます。

こうなると、髪の毛だけではなく、体全体のことを考えて、バランスの良い食事をすることに尽きると思います。

そして、ストレスをさけ、タバコをへらして、お酒も飲みすぎないことが、薄毛対策となってゆくようです。